ボナミの本

せかいのなまえ

PB168485
「せかいのなまえ」2017年11月3日(金)発行 5,000円 + 税 210mm × 105mm

表紙絵/三木葉苗 題字/三木咲良 詩/三木葉苗 写真/杉山聡 発行者/杉山聡 発行所/Bonami
ブックデザイン・活版印刷・手製本/Bonami

_________________________________________________
「せかいのなまえ」と「ひとつぶのうみ」 たった二篇の詩をおさめた、蛇腹折りの本

 

PB168487

PB168490

PB168493

PB168494

PB168500

PB168497

PB168508

 

_________________________________________________

 

この本は、カトリの生と、そして死がなければ、生まれなかった

この本ではなく、カトリのやわらかい身体が

今も私の手にあったなら、どんなに幸せだろうか

生も死もひとつづきの自然であり、良いも悪いもない

そうわかっていても、私は、私が死ぬその日まで

カトリの死が悲しい


69720034 - バージョン 2



「せかいのなまえ」は、カトリの死から2ヶ月後に書いた詩だ

「ひとつぶのうみ」は、そのちょうど一年後

「せかいのなまえ」という本をつくります、と発表してから、一年かかってしまった

一年が必要だった


どちらの詩も、一言一言を選び、並べていくようにできたのではなく

詩の全容が、静かに心の底に着地したようだったから、その一瞬のことは良く覚えている

私にとって、詩はいつもそんなふうだ

詩の中で、時は流れない 一瞬か 永遠か



_________________________________________________
さいしょに  あなたが  わたしを  よんだのだ



詩を書いた時、「わたし」は私で、「あなた」はカトリだった

少なくとも、私の中ではそうだった


かたちを持たない言葉が、夫の手で刷られ、綴じられて、本になる

本を手にして、私は初めて、外側から私の言葉を受け取る


あらためて受け取ったその言葉は、どうしてか、「わたし」と「あなた」が逆転して感じられた

「わたし」になったカトリが、私を「あなた」と呼ぶ

どうしてか、どうしても、そのように受け取れて、

ページをめくりながら、どうしようもなく、私は泣いた


69710007 - バージョン 2

 

_________________________________________________
一瞬を 繰り返す

 

本の内容が決まる前に、この本を「蛇腹製本」にしたいと言い出したのは夫だった

最初、私は反対した

その製本方法が気に入らないのではなく、作業の難しさから、夫にかかる負担が大き過ぎると思った

印刷と製本という作業に入ったら、私はほとんど役に立たない

けれど、夫はどうしてもそうしたいと主張した


本が完成して、私は、この本はこのかたちでしか在り得なかったと知った

言葉や絵が、私にとっての表現であるように、

夫は、本のかたちに、そのひとつひとつの作業に、自分の思いを表している


表紙を開き、読み、最後のページを閉じる、そこからまた本を開く、読み、最後のページを閉じる、はじまりに帰る・・・

蛇腹本には終わりがない

私たちの一瞬を繰り返す


繰り返し 繰り返し 「わたし」と「あなた」を行き来する

いつか、「わたし」と「あなた」が同じになるまで


 

69730002 - バージョン 2

69690019 - バージョン 2

07780025 - バージョン 2

40410021 - バージョン 2

40380034 - バージョン 2

69730018 - バージョン 2

07780024 - バージョン 2

69730010 - バージョン 2

69710017 - バージョン 2

 

 

 

 

 

 

 

 


2018-02-23 | Posted in ボナミの本 | Comments Closed